「四大工業地帯」は過去のこと?!

 

アイコ

  • パパ、ちょっとこれ見て。
    パパの勤めている会社もこの中に入ってるかな?

マモル

  • なに?なに?
    今日は地理か。
    「日本のおもな工業地帯・地域」ねー。
    パパの勤めている会社の工場は内房方面だから、この教科書の地図によると、「京葉工業地域」に入ってるはずだな。

ノリコ

  • 京葉工業地域?
    昔、習ったかしら?、私達の頃も。
    習ったかどうかさえも、覚えてないわ。
    (※昭和60年当時の参考書での記載を確認しています)

マモル

  • うん、確かに。
    「四大工業地帯」と瀬戸内工業地域ぐらいは覚えているけどなー。
    「京葉工業地域」は、ちょっとどうだったかな??

アイコ

  • えーっ!?、四大工業地帯??。
    今は、「三大工業地帯」よ。
    パパ、ママ、知らないの~~?

マモル

  • えーっ!?
    ちょっと、教科書貸してごらん。
    確かに、こんな風に書いてある。

かつて、日本の産業発展を支えた京浜、阪神、中京、北九州の四つの地域は、四大工業地帯と呼ばれていました。
北九州の工業の地位が低下した現在では、京浜、阪神、中京の三つの工業地域を指して、三大工業地帯と呼ぶようになっています

  (新しい社会 地理:東京書籍)

 

ノリコ

  • 歴史だけじゃなくって、地理でも変わってしまっているのね。

マモル

  • 今では、三大工業地帯+六大工業地域、ねー。

アイコ

  • パパ、何故、中京工業地帯の生産額がトップなの?

マモル

  • それは、自動車だろう。
    かつては、京浜、阪神、中京の順だったはずだけど。

アイコ

  • じゃあ、北九州の工業が衰退した原因は何だったのかしら?

マモル

  • それはお前、あれだろう、何というか......
    そーうだ、先生に聞いた方がいい。
    パパなんかより、きっとわかりやすく説明してくれるよ
    それが良い、それが良い。
    (クワバラ、クワバラ)

 

a0001_013836

<参考情報>

順位 場所 生産額
1 中京工業地帯 58兆円
2 京浜工業地帯 44兆円
3 阪神工業地帯 35兆円
4 瀬戸内工業地域 33兆円
5 北関東工業地域 30兆円
6 東海工業地域 19兆円
7 京葉工業地域 15兆円
8 北陸工業地域 14兆円
9 北九州工業地域 9兆円

(平成20年工業統計表を元に、上記教科書に掲載されているデータより抜粋・引用)

 

この書き換え内容、知っていましたか?[四大工業地帯]

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

 

登場人物の設定に関しては【こちら】

 

「四大工業地帯」は過去のこと?!」への2件のフィードバック

  1. それで、いつから3大工業地帯と呼ばれるようになったんですか?

    • ご質問いただきありがとうございます。
      回答が遅くなり申し訳ございます。

      まず、この「いつ」についての対象ですが、以下の2つが考えられます。
      1)北九州工業地帯の規模が4位でなくなったタイミング
      2)四大工業地帯という教科書の表記が三大工業地帯となったタイミング

      今回のお尋ねは2)ということで、探してみました。

      手元の資料とか、図書館に行ったりと調べてみたのですが、「近年」という表現がほとんどで、具体的にいつ、という回答を見つけることが自力ではできませんでした。

      そこで、中学校の卒業以来、35年ぶりに同窓会で会いました、担任の先生(社会科)に調査の協力をいただき、以下のような回答にたどり着きました。

      まず、教科書会社によって、北九州工業地帯(地域)の扱いが異なっていました。
      このページの内容は「東京書籍:新しい社会 地理(平成26当時使用)」のものを使用しています。
      一方、地図帳や地理の教科書で大きなシェアを持っている「帝国書院」の中学用地理の教科書には現在も「北九州工業地帯」という表記が残っているようです。しかしながら、「四大工業地帯」という表記は行っていません。

      この情報は、帝国書院のホームページのQ&Aコーナーで理由を含めて以下のように説明がされています。

       近年、一般の書籍や統計書においては、工業出荷額が低下してきた北九州を除く三つを「三大工業地帯」とする捉え方も広まりつつあります。しかしながら、弊社教科書では現時点において、歴史的な経緯も学習に含めたときに北九州工業地帯は今もなお重要である点、近年の自動車工業や電子機械工業の急速な集積から注目を集めている点等を重視し、北九州も含めて四つの工業地帯という捉え方をしております(ただし、「四大工業地帯」という用語は誤解を招きやすいため、掲載いたしておりません)。

      http://www.teikokushoin.co.jp/q_and_a/geo/index.html#q27

      以上のように、生産額の規模において北九州が四大という規模でないことは明らかながら、全ての教科書において「三大工業地帯」という記述ではありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です