浮世絵「東海道五十三次」の作者は??

 

アイコ

  • パパ、おはよう

マモル

  • アイコ、おはよう
    あー、昨夜は飲み過ぎた

アイコ

  • パパ、どうしたの?
    昨夜もお酒飲んで、帰りが遅かったの?

マモル

  • ああ、翌日が休みだと思うと、ちょっと気が緩んじゃって、危うく終電に乗り遅れるところだったよ。

ノリコ

  • じゃあパパ、朝食はどうする?、食べられる?

マモル

  • あまり食べたくないけど、昨夜の〆にお茶漬け食べるのを忘れたんだよな、あれがないとどうも気が収まらないけど、もう時間がないからって、急かされてさー。

ノリコ

  • じゃあ、お茶漬けで良いのね。

マモル

  • はい、それでお願いします。
    って、あれ~、もうできちゃったの?。
    なんだもう作ってたんじゃん

ノリコ

  • 嫌なら私がいただくから、良いわよ。

マモル

  • とんでもない、とんでもない、はい、いただきます。

ノリコ

  • そう言えばさ、パパ覚えている?
    昔、お茶漬けとかお吸い物のパッケージに浮世絵のカードが入っていたでしょう。

マモル

  • はいはい、覚えてますよ。
    安藤広重の「東海道五十三次」の浮世絵ね。
    一時期集めててんだけど、片付けられないから、どこに行ったのかいつも分からずじまいだったよ。

アイコ

  • ねえ、その安藤広重って誰?
    「東海道五十三次」の浮世絵って、歌川広重じゃないの?

マモル

  • アイコ、妙なことを言うねー。
    「東海道五十三次」と言えば、安藤広重。江戸時代からそうだよ!。
    けど、「広重」は同じだな?!

アイコ

  • だって、学校で歌川広重って習ったよ。

マモル

  • じゃあ、高校の日本史の教科書が詳しいだろうから、調べてみるか?
    索引で、「安藤広重」って、ない。「歌川広重」、あった!。

    hiroshige2
    (山川出版社 詳説日本史B P221より)

アイコ

  • パパ、ほら、私の歴史の教科書。
    「歌川(安藤)広重」って書いてある。

    hiroshige1
    (東京書籍 新しい社会「歴史」 P121より)

ノリコ

  • 同一人物だけど、教科書に載っている名前が変わったのね。

マモル

  • あ~あ、また歴史教科書の書き換えに悩まされたのか~。
    まったく、おちおちとお茶漬けも食ってられないよ。

<解説>
本名は安藤鉄蔵。「安藤」は本姓、「歌川」は画号。
本姓と画号を組み合わせて呼ぶのは不適切で、本人も「安藤広重」とは名乗っていなかった。
「広重」は師匠の歌川豊広から一字をもらい、与えられた名前だった。
<Wikipedia「歌川広重」より>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です